プロミスの審査をアイフルと比較

プロミスとアイフルを比較

プロミスとアイフルの審査には、目立った違いはありません。

 

審査の基準について目立った違いはなく、さほど変わらないと考えて良いでしょう。

 

それでは、プロミスとアイフルのメリット・デメリットを説明していきたいと思います。

 

プロミス

メリット

プロミスのメリットには、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行に口座を持っていれば、24時間利用できるという点が挙げられます。

 

この点、プロミスは安心です。

 

デメリット

プロミスのデメリットには、アイフルより返済期間が短いという点があります。

 

アイフルの返済期間は最長で13年6ヵ月となっていますが、プロミスの返済期間は最終借入後原則最長6年9ヶ月・1〜80回です。

 

そのため、プロミスとアイフルとで同じ金額を借りた場合、アイフルのほうが1回あたりの返済額を低く設定することができます。

 

ただし注意しなければならないのは、アイフルのように返済期間が長くなるということは、総返済額、利息負担も増えるということです。

 

この点は、非常に大切なことですので、返済期間の長さだけにとらわれず、慎重に考えましょう!

 

アイフル

アイフル

メリット

アイフルのメリットは正直あまりないかもしれません。

 

以前は、アイフルのほうが、貸付利率(実質年率)が低いということがありましたが、現在はほぼ同水準です。

 

プロミスの貸付利率は4.5%から17.8%、一方アイフルの貸付利率は4.5%から18.0%となっており、上限金利では、アイフルよりプロミスのほうが若干有利となっています。

 

デメリット

アイフルのデメリットは、インターネットでの融資が翌営業日になってしまう場合がある、ということが挙げられます。

 

インターネットでの手続き自体は24時間可能ですが、受付時間を過ぎた場合は翌営業日の振り込みとなるため、もしもの時に役に立たないこともあるでしょう。

 

総評

プロミスとアイフルを総合的に比べてみると、プロミスの方をおすすめしたいと思います。

 

やはり、審査時間の早さと、30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用登録の方が対象)はプロミスの大きな魅力ですよね。

 

 

公式サイト