プロミスの審査をアコムと比較

プロミスとアコムを比較

プロミスとアコムの審査は、どちらも最短30分で完了するため、即日の借り入れにも対応できます。

 

また、審査をクリアする条件もほとんど変わりませんので、審査の難易度も同程度と考えて良いかもしれませんね。

 

以下でプロミスとアコムのメリット、デメリットを分析していますので、どちらを選べば良いのか考察してみましょう。

 

プロミス

メリット

プロミスのメリットは、30日間の無利息制度を採用している点にあります。

 

プロミスの無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要ですが、どちらの登録も簡単に済みますので、ぜひ登録して無利息サービスを利用しましょう。

 

ちなみに、プロミスの30日間無利息サービスは初回出金の翌日から30日間無利息となります。

 

デメリット

プロミスのデメリットは、振込手数料が発生するという点にあります。

 

アコムでは楽天銀行の口座を持っていれば振込手数料が発生しませんが、プロミスはどの銀行の口座でも手数料が発生してしまいます。

 

アコム

アコム

メリット

アコムのメリットいえば、やはり楽天銀行の口座を登録する事でさらに利便性が高まるということでしょう。

 

楽天銀行の口座を登録しておけば、24時間リアルタイムで、かつ手数料無料で取り引きすることができます。

 

また、プロミス同様の無利息サービスもアコムのメリットのひとつです。
※アコムの30日間利息0円サービスは、アコムでのご契約がはじめてで、返済期日35日ごとで契約の方が対象です。

 

アコムの場合は、契約日の翌日から30日間が金利0円の適用期間となります。

 

デメリット

アコムのデメリットには、上限金利、下限金利ともにプロミスよりも高いという点があります。

 

アコムは4.7〜18.0%、プロミスは4.5〜17.8%ですので、上限、下限ともに、アコムのほうが0.2%金利が高くなってしまいます。

 

総評

プロミスとアコムを比べると、ともに30日間無利息サービスがあるので、非常に使い勝手の良いカードローンということが言えます。

 

ただ、上記のように、アコムのほうがプロミスより上限、下限ともに金利が高いのはアコムのデメリットでしょう。

 

もう1点、注意すべき点があります。

 

30日間無利息の期間が、アコムの場合は、契約日の翌日から30日間となっていますので、出金する前から30日間がカウントされてしまいますので、プロミスよりアコムのほうが無利息期間が短くなる可能性があるといえるでしょう。

 

結論としては、初めて利用する方にはプロミスをおすすめします。

 

 

公式サイト